弁護士と金銭トラブル

弁護士への相談や依頼は、法律に関係していることであれば、金銭的なトラブルでも行うことができます。弁護士に相談できるお金のトラブルには、個人の相続、債権回収や会社の売掛金回収トラブルなどのものがあります。

こうした金銭トラブルについて弁護士に依頼をすれば、相手方との直接的な話し合いの仲裁や代行を始めとして、それで決定した事項の証拠として正式な文書で残すことまで対応してもらえます。また、相談によってどこまで弁護士に依頼するかを決めて、アドバイスを得たり、全てを代行してもらうなど自分の必要なサービスを受けられます。もちろん、訴訟にまで発展した時にもその手続きや訴訟への同行、証拠の調査なども依頼することができるでしょう。

弁護士の行うことができる仕事の範囲は広く、当事者に代わってさまざまな業務を行うことができるので、法律が関係するような複雑な事案に対しても法の知識がない人の助けになれるでしょう。また、高齢で役所や裁判所へ出向いたり書類の作成ができない、忙しくて話し合いや調停、訴訟のための時間が割けないといった場合にも、弁護士が代わりに当事者の意向を汲んで代行することができます。

当サイトでは、弁護士への相談方法や相談できる内容、どんな弁護士を探すべきかなどを紹介します。弁護士にも取り扱う事案に得意分野があったり、実績によって慣れているものなどがあるため、自分の欲しい手助けや抱えている内容に適した人や事務所を探すことが大切です。